So-net無料ブログ作成

NO.133 ぶらり・・湯治場へ。 [モノと・・]

先々週あたりだったかな?
ちっこい頃に祖母を訪ねて行った湯治場を訪ねてみたんさ。
あの頃は、何から何まで驚きの眼差しで見とった気ぃする^^
温泉街の通りにズラリと並んだお店。
それに温泉付きの旅館。
(↑ これって当たり前やぁ~~ん!)
提灯とか外灯とか、それから歌謡曲とかね。
祖母が好んで泊まってたとこはどこやったかなぁ?
ここら辺、思うて足向けてみたけど。。。
よぅ憶えてへんって言うか、わからんかったわ。
あぁ。。今でもあの頃の祖母の顔が見えてくるわ。
店先の駄菓子をせがんでた、ウチら姉妹たちとかさ^^


「ここら辺」なとこには、住み人の代わりに根付いたシダ。
sida.JPG

物悲しいまでのトタン壁。
totan.JPG

かつては、裏通りでさえもメインに負けないくらい賑やかだったのに
そんなさびれた裏の軒先に忘れさられた赤い傘。
kasa.JPG
いや、まだ人様住んではるんかなぁ?

梅や桜の造花がいっぱいさしてあった商店街の庇。。
骨だけになってしまうんも時間の問題やんな?
syouten.JPG

ひと頃は真新しくシャレてもおった洋館な家。
そのポーチのとこには、こんなんが干してあったぞな^^
koko.JPG
おっちゃんにならはった主が釣りにでも行きなさるんかな?

風通しのええブロック塀には、生しいたけが干してあった^^
ダシに出来るんはいつ頃なんやろね?
katei.JPG
遙かな時を越えて。。
こんなん『ぶらりプチ旅』もええもんですね。

今日、紹介する本は。。

借り物レビュー♪
『恋の始まりに、理由なんてない。でも、恋の終わりには、必ず理由があるー。
運命の人を、そんなに簡単にあきらめちゃって、いいんですか?
中学時代の幼馴染と10年ぶりに再会した俺。
冴えないイジメられっ子だった彼女は、驚異の大変身を遂げていた。
モテ服にさらさら大人ヘア、しかも、デキる女系。でも彼女、俺には計り知れないとんでもない過去を抱えていて…
哀しくて可笑しくてふわふわ心温まる、恋する切なさのすべてがつまった恋愛小説。』

ちまちまさん、読んでみんそ^^
いや、是非みなさんにもお勧めしたい本でする。
ではでは。
nice!(22)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。