So-net無料ブログ作成

NO.138 父と母の日常。 [想い]

もぅだいぶ前から、残された時間を片付けるべく動いてる両親。
母が父の元へ嫁いだ日から今まで積み上げてきたモノ。
形とならないモノもあれば、こぅやって形となり楽しませてくれるモノかてある。
今日は、そんな両親の日常をカットしてみたよ。
hirasaIMGP9435.JPG
昔とは比べ物にならないほど少なくなったさつま芋。
台所で父が一個々磨り減ったまな板で刻んでた。
「最近は陽が足りんで、干す時間も増えたよ。」
金物のボールに何回盛ったことやら?
あ、これ何になると思う?
乾燥させたらな、石臼でギッチラゴッチラ挽くねん。
で、粉になったら・・・そりゃもぅ美味い団子になるんでやんす。
かごっまで言うとこの『こっぱんだご』ですたい^^

さてさて、普段はどんなんをやっとるかと言うと。。
hirasaIMGP9454.JPG
庭仕事に、小菜園畑の作業。
両親が家ん中に居る間、相棒はここでスタンバイ。
これが、父の長靴と手袋。
hirasaIMGP9438.JPG
こっちが母の長靴と手袋。
hirasaIMGP9489.JPG
父、89歳。 母、86歳。
どこそこ身体の不調はあれど、人と話すことかて出来るし
こないして、好きなことやったらなんぼでも身体動かしてはる^^
hirasaIMGP9445.JPG
外の手洗い場。
hirasaIMGP9452.JPG
何故に、お茶碗があるんやろね?( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
作業して汗かいたらすぐに洗うてパパッと干してまぅ^^
hirasaIMGP9456.JPG
(前に書いたんは→『生きてきた証し。』

この日、木戸口の花壇に咲いとったんは。。
hirasaIMGP9476.JPG
風はまだまだ冷たいけど、ここだけは・・・春らんまんって感じやんな?


『陽だまりの彼女』、読み終わってしもうたんで。。
次なるは、こんなんどぅでっしゃろか?

借り物レビューは
『観音さまが見下ろす街で、コーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」を営む気丈なおばあさん、杉浦草。
人々を温かく見守り続ける彼女は、無料のコーヒーを目当てに訪れる常連たちとの会話がきっかけで
街で起きた小さな事件の存在に気づく。』
(`∇´ )にょほほほ 読みましょ、読みましょ♪


いっつも(いつだって)気になっとるお友だち、MIKUKOさん。
早ぅにまた写真、見したってやぁ~
もぅ長いことMIKUKO節、聞いてないぞぉ~~

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。